森貞仁は情報詐欺師!「ANTEI」「ZIKKURI」といった高額塾販売で評判最悪!

森貞仁

どうも、ジャックです。

今回は、情報商材業界の情報詐欺師をご紹介するコーナーです。

今回ご紹介するのは、、、、「森貞仁」

初め、この漢字を見て読めなかったんですが、「もりさだまさ」と読むそうです。

彼もなかなか評判が悪いですね。どんな事業をしているのか、ネット上の口コミも拾いながら、見ていきましょう。

 

森貞仁の詐欺的なビジネスモデル

「起業して2年で月商5000万円達成」となんとも情報商材業界っぽい「僕、稼いでます」アピールをしている彼ですが、このような動画を見たら、情報商材業界のことを何も知らない人は、「いったい、この人はどうやって稼いでるんだろ・・」と思うことでしょう。

そこで、森貞仁のビジネスモデルをご紹介します。

彼の収入源はズバリ、高額塾の販売収入です。

Youtubeや公式サイトから自身のLINE@へ登録を促し、登録者に向けて、30万円以上の高額コンサルティングコミュニティを販売するのです。

販売する高額塾(=高額コミュニティ)の名前は、「ZIKKURI」という名の投資コミュニティ、「ANTEI」という名の物販コミュニティです。入塾代金は、それぞれ35万円。

そして、そのコミュニティの講師に立つ権利を付与したコースはなんと100万円で売られているようです。

このコミュニティを大勢に販売することによって、大金を手にしているんですよね。

ただ、この情報商材ビジネスについては、特に問題視はしていません。

実際、「情報商材を売る」という商売は書籍の出版販売となんら変わらないですし、「高額塾を売る」ということ自体も、受験予備校がやっていることとビジネスモデルはなんら変わりがないことですから。

しかし、このコミュ二ティは重大な問題点があるのです。

この「ZIKKURI」や「ANTEI」というコミュニティに参加しても、「稼げない」のです。だから、問題なんですよね。

稼げもしない情報を売ることにより、暴利を貪っているのです。その意味で、詐欺なんですよね。

ANTEI(あんてい)」というコミュニティ名ですが、まったく安定した収入にならないという笑えないギャグになっているのです。

 

高額コミュニティ「ANTEI」や「ZIKKURI」で指導されるノウハウは稼げない!

実は、このANTEIやZIKKURIはもともとはそれぞれ「KNJ」「KKA」という別名称で行われていた高額塾なんです。

なぜ、名前が変わったのかと言うと、批判から逃れるためです。内閣改造みたいなものですね。内閣を解散して再度組閣したら、別に何も中身が変わっていないのに支持率が上がる。っていうあれと同じです(笑)

KNJやKKAはもともとは情報詐欺師:金川顕教(かながわあきのり)が仕掛けた高額塾なんですが、「稼げないじゃないか!」と塾生から不満が噴出し、ネット上の掲示板にも悪評が書かれるようになり、内部情報を暴露する動画がYoutubeにも多く投稿されました。

この一連のことがきっかけで、金川顕教は表に出ることをやめて、その代わりに自分の塾生を表に立たせて運営を継続させているんですが、コミュニティ名が同じだと、また批判を浴びるから、「ANTEI」と「JIKKURI」に名称変更したというわけです。

森貞仁は金川顕教の塾生でして、金川顕教の悪どいビジネススタンスをしっかり継承し、まったく同じ手法でもって高額塾を販売しまくっているのです。

 

さて、具体的な指導内容の話に移ります。何を学べるのかということですね。

高額物販コミュニティ「ANTEI」の中で実際に教えられていることは、メルカリ転売ビジネスです。

フリマサービスのメルカリに安く仕入れたモノを出品して高く売るという超単純なスキームなんですが、メルカリの規約に違反していることで稼ごう!というのが彼らのノウハウ

具体的には、無在庫転売と複数アカウント所有利用しての出品です。これらはどちらもメルカリでは禁止されている行為です。

つまり、それをずっと続けていれば、規約違反でアカウントが強制的に削除されてしまい、ビジネスが継続できないという事態になってしまうのです。

【参考記事】⇒ https://mevius.5ch.net/test/read.cgi/affiliate/1527428440/l50

だから、稼げないんですよね。

つまり、森貞仁はメルカリノウハウで稼いでいるわけではなくって、ANTEIやZIKKURIといった高額コンサルティング高額塾を販売することによって売上を立てている点が問題で、購入者からは不満が爆発しているというわけなんです。

「ノウハウを実践すれば、稼げる!」と表で謳って、ノウハウを教える塾を販売しているわけですから、自分自身もそのノウハウを実践して結果を出しておかないといけないのは当然のはずが、ノウハウを実践するのは労働であり、はっきり言ってこれを「面倒」と判断した森貞仁は、ただ口八丁で楽に稼げるノウハウ販売(しかも、高額)に傾倒していったというわけです。

また、森貞仁は、「ANTEI」や「ZIKKURI」のほかに「ZENSHIN」というコミュニティにも関与していると思われます。

特徴としては、「あなたも私のようにお金を稼いで、自由なライフスタイルを送りませんか?」などというキレイゴトの後に続き、LINE@へ誘導することです。

これが、この詐欺グループの特徴ですので、決して騙されることのないように、くれぐれも気をつけてください。

 

まとめ

さて、今回、森貞仁に焦点を当てて、彼がどのようにして稼ぎを得ているのかを説明させてもらいましたが、この手のLINE@へ誘導し、情報商材詐欺を働く手口はまだまだ氷山の一角に過ぎません。

先ほど↑であげた「金川顕教」を頂点とした様々な詐欺系コミュニティが現在乱立しており、それらに勧誘しバックマージンを得ようとする営業員・情報発信者がネット上(特にSNS)に大量増殖しているのです。

その全貌をまとめましたので、今後騙されないようにするためにも、こちらをご覧ください。

金川顕教系情報商材詐欺・ネズミ講ビジネスグループの闇が深すぎる!

3 件のコメント

  • もっと言えば、口頭でしっかりと説明せず、ウエーイとか変にチャラチャラした話し方で対応し、間髪入れず、買わせます。
    なによりもコロコロ人が変わっているようで、詐欺の常套手段とみていいと思います。
    また、地方在住者には全くもってケアもしてくれませんので注意が必要です。
    本人は書籍を多数出版していますが、内容は薄いものが多く、何処かでパクってきた内容が多いです。
    立命館、公認会計士、デロイトトーシュトーマツと肩書きが多く、売り文句にしているため騙されやすいですが、本人の発言の中にヤンキーでよかったと公言しているように、本質は人を傷つけてもなんとも思わない性格だと思われます。
    決して稼ぐことがわるいことではないですが、ウルフオブストリートのジョーダンナンタラの真似ごとをしているようで、子供っぽい印象を受けます。
    物販と投資が主ですが、投資に関してはカジノなどご存知の方なら目減りを絶対してしまう内容ですので、注意して下さい。
    最終的には金持ちになったら、勝ち逃げするだけですので、吉本の闇営業事件もそうでしたが詐欺で多く稼ぎ、エステサロンを開けばもうわかりません。
    目立とうとするだけ偉いです(皮肉ですが)。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)